上述のような線虫研究の強みを活かして得られた新しい遺伝子についてヒトやマウスのホモログ(類似遺伝子)を探し,哺乳類における機能解析を進めています.培養細胞を用いての研究に加え,特に興味深い遺伝子についてはノックアウトマウスの作製と解析を行っています.基本的な遺伝子機能は同じでもマウスなどの哺乳類は線虫よりもはるかに複雑なので,それぞれの器官や組織で一体どのような異常がでるのかについて研究を進めています.
Research Top へ

 
群馬大学 生体調節研究所 細胞構造分野
本文へジャンプ
















 

哺乳類における研究展開